F次元のはじっこで

藤子・F・不二雄ファンによるブログ。ドラえもん関連の記事をかいてます。イラストサイト運営。
2018年06月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2018年08月
TOPスポンサー広告 ≫ 継続と分断、あるいはTOPドラえもん ≫ 継続と分断、あるいは

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

継続と分断、あるいは

映画ドラえもん のび太の宝島 公開から数日が経った。鑑賞後のアツアツの感情はやや冷め、日常が戻ってきつつある。けれどもTwitterにはドラえもんファンたちによる賛否両論のアツい感想が続々と投稿されていて、やっぱり見てしまって再燃する、ということを繰り返している。それにしても今年ほど好き嫌いの激しい作品も無いなぁ。

小説版とサントラを買おうと近所の書店に行ったら無かったので、Amazonで注文した。読んだらまた感想が変わるのかな、それを踏まえてまた記事を書こうかなとも考えたけど、とりあえず、今の心理状況での記事をもういちど書いておくことにした。




宝島に対するこの何とも言えない嫌な気分は何なんだろうか。


結局、予告の時点で生まれたネガティブな印象がまずあって、否定する理由を映画館で探していたんじゃないかと。前の記事で書きなぐった批判的内容はすべて後付けで、結論は見る前から出ていたのだ。


それにしても、自分がこういう嫌いなこと探しをするのは本当に珍しい。特にドラえもんに対しては。

このブログにもある、過去の映画の自分の感想を見返すと、作品への評価軸はそんなに固定されてないことに気づく。微妙やなと思う作品もある。でも、そう思ってもその映画の良いところを評価するような評価軸を都度立てる傾向にあると自分では思っている。

その証拠に、去年のブログに「カチコチの良かったところを考えていたら、どんどん前作の新日本誕生の好きじゃないところが見えてきてしまって」と書いてある。どちらの作品も大好きなのだけど、作品の方向性が違うので、こういう内的ジレンマが生じたのだ。

そんな僕が、今年は思いっきり批判する方向に振り切っている。これはもう、はなから肯定する気が無いのだと思うしかないよな…。


さて、この宝島に対するネガティブな気持ちいろいろこねくり回してみたい。キャラデザに象徴される大山ドラ回帰の影。それはもちろん嫌なのだが、もっとなにか、漠然としたものがあると思っている。

それは、これまでのわさドラの歴史を分断するような、ないがしろにされたような感覚。

映画は毎年監督もキャラクターデザインの人も違うけれど、たしかに繋がっている何かがある。
例えばキャラデザ。恐竜2006で大胆に変えられたそれは、鉛筆の強弱や粗さをでもって髪の毛の存在や衣服の揺れを強調したものだった。それはしばらく継承されるが、次第に落ち着き、ひみ博で完全に無くなる。ゲストキャラのデザインは、恐竜2006のドルマンスタインや新開拓使のギラーミンのようなリアルタッチから、奇跡の島あたりを境目に、ほかのF作品からの引用が増え、F作品らしい顔立ちや頭身となっていった。
オリジナル作品の内容だってそうだ。緑の巨人伝、人魚大海戦のような、なにか壮大な地球の危機を壮大な冒険によって解決しなければならないという縛りのあった初期から、ひみ博で完全にふっきれて、スケールは小さくともわさドラらしさを存分に生かした作風へと変化していった。もちろんそれで完全に満足しているわけではないけれど、そういう流れの上で揺れながらも確立してきたわさドラという存在を応援していたのだ。

宝島は、こうした文脈を無視した存在だと思っていて、それが自分の中で許せないポイントになっていると考える。
大山ドラ寄りのデザイン、Fらしくないゲストキャラクター(フロックとセーラは除く)。音楽担当も沢田完さんじゃないし、OPもなかった。エンディングの映像も去年までとのつながりを感じさせるものじゃなかったし、もちろん作風もかなり異なる。

言いがかりだよそれ、というものもあるのは自覚してる。だけど、やっぱりこれまで積み上げてきたわさドラという歴史の上に無いアニメドラえもんだという印象はやっぱり、ぬぐい切れないのだ。
(宝島にカチコチの極地探検スーツが出てきたじゃないか、と言う人もいるかもしれないが、そういう話をしているわけじゃないのはお分かりだと思います)


スタッフも、これまでドラえもんに関わってこなかった人が例年より多い。それが悪いとは言わないけど、自分の狭い視野からは、どうしても、「わさドラのこと何も知らないくせに、俺の領地に外野から土足で踏み荒しやがって」という過激な気持ちがめちゃくちゃ溢れ出てくる。
そう、僕はもともと過激派なんだ。良きファンであろうとして色々制御してるところはあったけど、今年はもう成すすべもなく過激な本性が噴出してしまった。


来年は八鍬さんが監督だろうということで、内部の人だからやっぱりこれまでの歴史の延長線上にあるドラえもん映画を拝めるんだろうと期待している。とりあえず、来年に関しては。

こういう考え方はコンテンツの可能性を狭める良くないものだという自覚もあって、だからこそ寛容になりたいという気持ちも強い。でも、去年まで出来ていたその寛容行為が、今年はほとんど機能しない。好きなところ探しは、今年はあんまりできそうにないや。ごめんね、ドラえもん。


スポンサーサイト

Comment

No title
編集
こんにちは。
二回目の観賞が終わりました。
前回オープニングがないのに驚いたと書きましたが、私はなんとなく観賞前から
オープニング主題歌が星野源のドラえもんになるのではと思っていました。(エンディングが挿入歌ここにいないあなたへかと。)
それは裏切られたわけですが、未だに釈然としません。
2018年03月21日(Wed) 16:24












非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。