FC2ブログ

F次元のはじっこで

藤子・F・不二雄ファンによるブログ。ドラえもん関連の記事をかいてます。イラストサイト運営。
2014年05月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2014年07月
TOP ≫ ARCHIVE ≫ 2014年06月
ARCHIVE ≫ 2014年06月
      
≪ 前月 |  2014年06月  | 翌月 ≫

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

宮田珠己氏のトークイベントに行ってきた!

お!ひさしぶりです。イセです。
4月から上京し、社会人として毎日仕事研修に精を出しております。

イラスト工房F次元の更新もさっぱりですみませんです。
平日も休日もなんだかんだで予定が詰まっててなかなか描く時間をとれなくて…というか
いくらでも時間は作れるんですがついゴロゴロしちゃうわけですよハイ。

しかしそんな僕は夏コミで販売予定の藤子不二雄合同誌『パラレルソレイユ 第2号』に向けて4ページほどの4コマ漫画を執筆中なのです!この土日で完成しそうなので、それが終わって研修など落ち着いたらまたお絵かき再開したいと思いますんでまたどうぞよろしくです。

---

さてさて、近況報告はこのへんにして、本題。
宮田珠己『いい感じの石ころを拾いに』出版記念トークイベントに行ってきたのです!!

エッセイストの宮田氏は、僕の最も好きな、或いは僕が最も影響を受けた作家さんの一人です。
うーんそうだな、たとえば、イラスト工房F次元の風景画コーナーに掲載している四国スケッチひとり旅なんかはもろに影響受けてますね。

それはひとり旅の魅力、旅の考え方、現地での楽しみ方、といった旅そのものについてのことから、四国という土地の良さ(『だいたい四国八十八ヶ所』)、歩く面白さ(『ときどき意味もなくずんずん歩く』)、などピンポイントな事柄まで様々です。
そもそも氏の本読んでなかったらひとり旅に出てなかったかもしれない。

氏の本に出会って運命変わったって言ってもいいくらいだなぁ(しみじみ)。


そんな思い入れのある作家さんのトークイベントが渋谷で開催される、ということで即座に予約して今日行ってきたわけ。
東京に住んでてよかったーー!(そこかよ)


新しい本『いい感じの石ころを拾いに』の出版記念ということで、話の内容は99%石拾いでした。
終始参加者がにこやかな表情で、頻繁に笑いが起きてたのが印象的。もちろん僕も。
“くだらない”ことに全力で肩を抜いて取り組んでる様子を生の声で聞けたので最高でしたわ。

氏が前々から石拾いが好きというのは他の本でも知っていたし、その魅力はなんとなくわかる。石そのものの造形やら触感やらはもちろんのこと、おそらく「石拾いをしているその瞬間」がたまらなくお好きなんだろうなぁというのは読んでて思ったし、実際話を聞いてみても大体そんな印象でした。

『だいたい四国~』の本文中によく登場する「おお、今、私はこんなところにいる!」というフレーズ。その土地に自分が居るということをを身体中で感じまくる喜びがビシバシ伝わってくるので僕は好きです。
僕はその土地に座って1~2時間ほどスケッチをすることでそれを強く感じ、好きなのですが、石拾いにもそういった類の感動があるんじゃないかなと。

その一方で、気ままに石拾いしていると言ってるわりにストイックな面が多い!と途中で他のゲストの方に指摘されて動揺する宮田氏の様子にもついつい笑顔になっちゃいました。


宮田氏は本人も理由はわからないけどほんとに石拾いが好きだということ、
全国にはそういったことを純粋に楽しんでいる人が少ないであろうこと、
そして、僕はきっと石拾いを好きになるタイプだろうということ、
を改めて感じたイベントでした。

ま、僕が石拾いを好きになる必要はないし、別にそうなってもいいけれど、
肝心なのはそこじゃなくて、どうやってその瞬間瞬間を感じているか、場所の空気を味わっているか、これらをいかに自分だけの方法で享受できるか、だ。内容を真似するんじゃなくて、考え方を真似する。


僕はスケッチしているまさにその瞬間がとても好きだ。結果としての絵がどんな完成度なのかは二の次。自分なりの方法で、場所場所の空気を全身で感じて、時を忘れて、自分も忘れて、何かに没頭する。
人からくだらないと呆れられてもいいじゃない。


そんなことをアドバイスもらったような、感じ取ったような、背中を押されたような、そんな気分になれたイベントでした。
いつかまた、スケッチ旅をしたいぜ!石を拾いながら、さ。








スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。